頭皮の細胞を元気にするクスリ

ミノキシジルとは、現在では非常に有名な育毛効果のある成分となっていますが、一昔前は高血圧の人が使用する血管拡張剤として使用されていました。
しかし、このクスリの副作用として、全身の体毛が濃くなったり、増えるといった症状が多く報告され、研究を進め頭皮の発毛が認められるようになりました。
ミノキシジルは頭皮にある毛乳頭細胞の活動を活発にしてくれ、髪の成長を促進する高い効果があります。
頭部に作用する範囲は頭頂部のみに作用するという特徴あり、M字型や額の生え際が後退していくのには作用しないと言われています。
また海外ではこの成分が配合されているロゲインという育毛剤や日本では薬局でも変えるリアップが有名です。
これは頭皮に直接浸透させる塗り薬となっているので、直接体内に取り込む内服薬に比べ高い効果を期待することはできません。
ミノタブと言われる錠剤タイプの内服薬もあり、薄毛の原因と言われている頭皮に血液が十分に行き届いていなく、栄養を取りこむことができないので、髪に太さやコシがないくなってしまうと考えられており、血管拡張の効果があるので、頭皮に十分な栄養が届くようになり、健康的な髪を取り戻すことができるようになります。
塗り薬と違い、体内に取り込むので当然に副作用もあり、顔のむくみや動悸、頭皮に痒みが出たりします。
塗り薬も内服薬も一時使用しただけでは十分な効果を得ることができず、使用し続けなければなりません。
というのは、AGAは進行性の症状であるからと言えます。
短期間で使用を止めてしまえば、一時的に抜け毛や薄毛を予防するにすぎず、発毛や育毛は期待できません。
また頭皮の毛乳頭細胞を活性化させるクスリであり、原因となっている酵素の働きを抑制するものではないので、クスリの作用には個人差が出てきます。
なので、原因となっている酵素の働きを阻害してくれるプロペシアなどと一緒に服用すれば、毛髪の成長をより促進することができるようになります。
AGAは女性でも起きる症状であり、女性の場合は全体的に髪が薄くなります。
育毛剤などを買うことに抵抗がある場合は、内服薬を服用してみてください。